弾正橋

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

東京都中央区で「弾正橋」を渡りました。

弾正橋

 弾正橋は古く江戸寛永年間にはすでに、楓川上に架かっているのが記されており、北八丁堀に島田弾正少弼屋敷があったのがその名の由来のようである。弾正橋は当時交差した堀川上に真福寺橋、白魚橋と共に三つの橋がコの字状に架けられていたことから、江戸名所図解に「三ノ橋」として紹介されており、江戸における一つの名物であったようである。
 その後たびたび架替えられていたが、明治11年に工部省の手により、我が国最初の国産の鉄を使った橋として架替えられた。その時の橋は現在でも江東区富岡一丁目に保存され、昭和52年に国の重要文化財として指定され、平成元年にはアメリカ土木学会の栄誉賞も受ける等その歴史的貴重さを増している。
 現在の橋は大正15年12月に復興局によって架替えられたもので、従来の弾正橋よりやや北側に位置している。その後昭和39年の東京オリンピックの時に、弾正橋の両側に公園が造成され、平成5年2月に公園と一体化された。くつろぎのある橋として再整備された。尚、公園にあるモニュメントは、明治11年、楓川に架かる弾正橋を象徴化して復元したものである。

橋梁の諸元
形式 ラーメン橋台橋
橋長 33m
有効幅員 23.2m(車道16m 歩道3.6m×2)
建設年次 大正15年12月 復興局施行

平成5年2月 中央区

(2017年4月20日現在)

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)