千代田区町名由来版「神田佐久間町二丁目・神田平河町」

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

千代田区町名由来版「神田佐久間町二丁目・神田平河町」2

 秋葉原周辺を歩いていたら、 千代田区町名由来版神田佐久間町二丁目・神田平河町」(東京都千代田区)を見かけました。

 この界隈は、江戸時代の早い時期から商人や職人が集まる町でした。「佐久間」の町名は、佐久間平八という材木商が住んでいたことから生まれたと伝わっています。江戸時代初期の慶長年間(1596~1615)、江戸城築城のための材木を供給したのも佐久間町でした。古くから幕府に仕えた町ということで、将軍家に祝い事があるときは町人たちにも能の見学が許されていたといいます。
 古い資料を見てみると、この界隈から火事が頻発していた記事が数多く残されています。文政12年(1829)には、神田だけでなく両国橋から築地、佃島、本銀町あたりまでを焼き尽くした大火の火元となりました。また、天保5年(1834)にも、江戸市中を焼いた火事が佐久間町から発生しています。
 江戸時代から続いた神田佐久間町二丁目は、たび重なる葛西で町が南北に分断されていましたが、明治2年(1869)にその間の武家地を編入しました。明治44年(1911)、いったん神田を取って佐久間町二丁目と改称しましたが、昭和22年(1947)には、その名を昔ながらの神田佐久間町二丁目に戻し、現在に至っています。
 一方、神田平河町も、防災と深いかかわりをもった町です。享保12年(1727)、防火のための火除地が麹町平河町一丁目代地と呼ばれたのです。その後、明治2年に神田平河町、明治44年には平河町と名を変えましたが、昭和22年になると、ふたたび神田平河町と改名しました。

佐久二平河町会

(2017年1月25日現在)

千代田区町名由来版「神田佐久間町二丁目・神田平河町」1

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)