伊能忠敬銅像

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

伊能忠敬銅像

 富岡八幡宮(東京都江東区)で「伊能忠敬銅像」を見かけました。

伊能忠敬銅像

 近代日本地図の始祖である伊能忠敬先生は、事業に成功したあと50歳のとき江戸に出て、当宮近くの黒江町(現在は門前中町一丁目)に隠宅を構えていました。
 約200年前の寛政12年閏4月19日(陽暦では1800年6月11日)の総長に当宮に参拝して蝦夷地(北海道)測量の旅に出かけました。
 忠敬先生はこのときを含めて全部で10回の測量を企画しましたが、遠国に出かけた第8回までは、出発の都度必ず、内弟子と従者を率いて富岡八幡宮に参詣して、無事を祈念したのち、千住、品川宿など測量開始地点に向かって歩き出しました。当宮は伊能測量にとってたいへん御縁の深い場所であります。
 伊能測量開始200年にあたり、「伊能ウォーク」、地図・測量、土地家屋調査士、伊能忠敬研究会などの関係者が中心となって、広く一般から浄財を公募して建立されました。
 平成13年10月   伊能忠敬銅像建立実行委員会

(2016年10月8日現在)

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)