品川区民憲章と非核平和都市品川宣言

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

品川区民憲章と非核平和都市品川宣言

 大井町(東京都品川区)で「品川区民憲章」と「非核平和都市品川宣言」を見かけました。

品川区民憲章

制定 昭和56年10月1日

 品川区は、東に東京湾を擁し、西にはるか富士を望み、国際都市東京の表玄関に位して、江戸の昔から交易の拠点となり、我が国文化と産業の発祥地として、あまねく都民の心のふるさとであります。
 わたくしたちは、この輝かしい歴史と伝統を誇りとし、文化の香り豊かな近代都市への発展を目指して、ここに区民憲章を制定いたします。
 一、わたくしたちは、自由と平等を基本理念として、住民自治を確立し、進んで区政に参加します。
 一、わたくしたちは、心の触れ合いを大切にして、互いに人権を尊重し、人間性豊かな環境をつくります。
 一、わたくしたちは、古きよき歴史と伝統を守り、さらに生活文化を発展させ、これを後世に伝えます。
 一、わたくしたちは、自然を大切にして、生活との調和をはかり、健康で豊かな区民生活を目指します。
 一、わたくしたちは、自立と連帯の精神に支えられた、思いやりと生きがいのある地域社会をつくります。

非核平和都市品川宣言

 今、この地球に、人類は自らを滅ぼして余りある核兵器を蓄えた。
 いまだかつて、開発された兵器で使われなかったものはない。これは、歴史の恐るべき証明である。

 一刻も早く、核兵器をなくさなければならない。頭上に核の閃光がひらめく前に。
 遅すぎたとき、それを悔やむだけの未来すら、我われには残されていない。

 品川区は、核兵器廃絶と恒久平和確立の悲願を込めて、ここに非核平和都市を宣言し、全世界に訴える。
 我われは、いかなる国であれ、いかなる理由であれ、核兵器の製造、配備、持込みを認めない。
 持てる国は、即時に核兵器を捨てよと。

 このかけがえのない美しい地球と、そこに住む生きとし生けるものを、守り伝えるために。

昭和60年3月26日
品川区

(2016年6月25日現在)

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)