蛎殻銀座跡

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

蛎殻銀座跡

人形町(東京都中央区)で「蛎殻銀座跡」を見かけました。

「蛎殻銀座跡

所在地 中央区日本橋人形町一丁目五・六・七・十七・十八番地域

 銀座とは江戸時代の銀貨の製造工場である銀座会所と、通用銀貨の検査や銀地金の購入などを扱う銀座役所を総称した組織でした。そしてその経営は幕府の直営ではなく、御用達町人に委託しました。
 江戸の銀座は慶長17年(1612)に今の銀座二丁目の場所に置かれ、その188年後の寛政12年(1600)6月に、寛政改革の一つである銀座制度の大改正のため一旦廃止されました。
 その年の11月、改めてこの人形町の場所に幕府直営の度合いを強めた銀座が再発足しました。
 当時この付近の地名が蛎殻町だったため、この銀座は人々から「蛎殻銀座」と呼ばれ、明治2年(1869)に新政府の造幣局が設置されるまでの69年間存続しました。」

(2016年6月17日現在)

蛎殻銀座跡

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)