C62形蒸気機関車

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

C62形蒸気機関車

 東京駅地下付近で「C62形蒸気機関車」の車輪を見かけました。

「“みなさんの足”として親しまれてきた国鉄は、今年で創業100年を迎えました。蒸気機関車は、この歴史とともに歩んできました。第2次世界大戦で戦災を受けた東京駅が修復された昭和23年に、これと時を同じくして誕生したC62形蒸気機関車は、日本復興のエースとして活躍し、世界最高の時速129キロを記録するなど、技術の粋をあつめた“栄光の名機”とうたわれました。
 このC6215号機は、東海道、山陽、函館本線などをかけめぐり、昭和46年12月解体されるまで、約263万キロ(地球を65.7周)を走り続けました。“鉄道100年”に完成したこの東京地下駅に、同機の動輪をかざり、その歴史をたたえることとしました。
昭和47年7月15日
日本国有鉄道」

「 この地下駅は、次代をめざし、鉄道100年の技術を結集して完成した。
1972年7月15日
日本国有鉄道」

(2015年9月30日現在)

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)