旧細川邸のシイ

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

旧細川邸のシイ

 白金高輪(東京都港区)を歩いていたら、「旧細川邸のシイ」の大きな木を見かけました。

東京都指定天然記念物 旧細川邸のシイ

所在地 港区高輪一丁目十六番二十五号
指定 昭和三十六年一月三十日

 高輪支所の丘陵上に独立する単木で、樹高10.8m、輪囲り8.13m、枝張りは東に6.7m、西に2.7m、南に5.6m、北に5.8nを測る巨樹である。幹の下部に大きな空洞があったため、昭和56年に大規模な外科手術を実施した。
 スタジイは、別名イタジイともナガジイとも呼ばれ、本州の福島県・新潟県以南、四国、九州、沖縄に分布するブナ科の常緑高木である。葉は長楕円形で先は尖り大きな鋸歯がある。果実は先の尖った卵円形で2年目に熟し食用になる。材は建築や家具用に、またパルプ材に使われている。
 旧細川邸とは、肥後熊本藩細川家の下屋根のことであり、元禄16年(1703)2月4日、赤穗事件の大石内蔵助良雄・吉田忠左衛門兼亮・小野寺十内秀和・原惣右衛門元辰ら17人が切腹を命ぜられたところとして、屋敷跡は東京都指定旧跡に指定されている。」

(2015年5月4日現在)

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)