仲源寺(目疾地蔵)

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

仲源寺(目疾地蔵)(1)

 京都(京都府京都市)を歩いていたら、「仲源寺(目疾地蔵)」を見かけました。

浄土宗に属する寺院で、一般に「目疾地蔵」の名で人々に親しまれている。平安時代の治安2年(1022)、仏師定朝が四条橋の東北に地蔵菩薩を祀ったことに由来する。
 寺と地蔵菩薩の名の由来は、安貞2年(1228)の鴨川氾濫時に、勢多判官中原為兼が、防鴨河使になった際、この地蔵菩薩が溺れ人を救う姿を見、それ以降地蔵菩薩を「雨止地蔵」と称し、「中原」の傍らに人と水を添えて寺名としたことによる。
 その後、信仰深い老夫婦の眼病を自らの右目に移し、苦しみを救ったという逸話から、いつしか「目疾地蔵」になり、現在も眼病治療に霊験があるとして広く信仰を集めている。
 本堂の地蔵尊像の傍らに室町時代の作といわれる「山越阿弥陀像」を祀る。また、観音堂には平安後期の春日仏師の作とされる木造の千手観音座像(重要文化財)が安置されている。

(2015年4月25日現在)

仲源寺(目疾地蔵)(2)

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)