開園当初の隅田公園

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

開園当初の隅田公園(1)

 東京都墨田区側の隅田公園近くの隅田川沿いを歩いていたら、「開園当初の隅田公園」の解説板を見かけました。

開園当初の隅田公園 写真に見る昔の隅田公園

 隅田公園は隅田川を挟んで、本所区(現墨田区)と浅草区(現台東区)にまたがっています。本所側は、水戸徳川家小梅邸の敷地を活用した庭園と墨堤の桜並木を活用した遊歩道の整備を行いました。
 近代都市計画の手法により江戸の堤、河川沿いの桜並木の復活という点では、日本の伝統的なランドスケープ(風景)と西洋の近代的都市計画技術の合体が見事に成功した有意義な事業でした。また公園のデザインはシンプルかつ上品で控えめなものであり、デザイン思想の点で今日学ぶべき所が多くあります。

(2015年3月28日現在)

開園当初の隅田公園(2)

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)