日本橋三越本店

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

 日本橋三越本店(東京都中央区)の入口では、ライオン像が出迎えてくれます。

野性の威厳

スフィンクスは問いかけて人を試したが
このライオンは人に答え続ける存在だ
私たちの心はどんな時代にも
聖俗ごたまぜの問いかけに満ちている

歴史に翻弄される私たちの前で
時の流れに洗われながらも
苛酷な天災人災にも恬然として
静かに王の威厳を保ち続け

ブロンズの肌の冷たさの奥に
ひそかに脈打つ心臓を隠している
手で触れることはできないが
心でそれに触れることができる

人智を超えたこの野性の存在は
無言でただそこにとどまることで
どんな言論にもどんな行動にもまして
勇気と自由の大切さを人に告げる

 この日本橋三越本店ビルについて。

東京都選定歴史的建造物 三越本店
所在地 中央区日本橋室町1-4-1
設計者 横河民輔 中村伝治
建築年 大正3年(1914)

 三越は、延宝元年(1673)に「越後屋」として創業した。「三井呉服店」を経て、「三越呉服店
」となり、大正3年(1914)には、鉄筋コンクリート造による大規模な百貨店の新築を行った。
 当時の建物はネオ・ルネッサンス・スタイルの壮麗な建築で、5階建一部6階、中央部に5階まで吹き抜けのバロック的大空間をもっていた。その後、震災で損傷し、昭和2年に復興するが、更に昭和10年全館の増改築が完成し、現在見られるような規模となった。
 建物中央部の吹き抜けホールは、アーチ状の天窓からの光がホール全体を照らし、5階までの各階にはバルコニーがめぐり、アール・デコ風のデザインが目につく。そこに展開する装飾豊かな空間は見事である。

(2015年3月21日現在)

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)