美倉町・西福田町

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

美倉町・西福田町(1)

 日本橋から秋葉原まで歩いている途中で見かけました。

千代田区町名由来板 美倉町・西福田町

 江戸時代のはじめ、この界隈は佐柄木町ほかいくつかの町屋がありました。享保(1716~1736)のころ、龍閑川(堀)の河岸は、道筋に沿って神田佐柄木町蔵地、本銀町会所屋敷蔵地、神田紺屋町二丁目横町蔵地、その北側は火除地となりました。文政12年(1829)、火除地に火除土手が設置されますが、安政年間(1854~1860)には取り払われ、跡地は町会所請負地となりました。
 明治2年(1869)、神田佐柄木町蔵地などが合併して美倉町に、町会所請負地は西福田町になりました。美倉町の名前は、上記3つの蔵地があったことから「三蔵地」と呼ばれていたことに由来し、「三蔵」を「美倉」と改めたものです。また、西福田町という町名は、かつてこのあたりが福田村と呼ばれていたことに由来するといいます。ちなみに福田は、千代田、桜田、神田などと並ぶ、区内でもっとも古くから伝わる地名です。
 明治時代に入ると、住宅のほかに、材木商、染物屋、金物屋などが店を開き、周辺の鍛冶町や岩本町とともに人々の日常生活に密着した町となりました。
 昭和22年(1947)、神田区と麹町区が合併して千代田区ができると、町名はそれぞれ神田美倉町、神田西福田町と改められました。

(2015年3月21日現在)

美倉町・西福田町(2)

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)