新島襄先生生誕地記念の碑

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

生誕地

 京都同志社の創立者・新島襄先生は、1843年(天保14年)上州安中藩主板倉伊豫守の江戸藩邸に誕生。先生は幕末における国家多難の際、我が国の前途をうれいキリスト教の信仰と海外事情研究を志して21才(1864年)函館より密かに脱国、米国に渡航し新英州キリスト教文化の根本を体得したという。母国・日本の隆盛をはかるためには、単に法律、政治、経済の改革のみによって達せられるものではなく、人民の一人ひとりが「知識あり品位あり自ら立ち、自ら治め」うるものであり「良心の全身に充満したる丈夫」となることによって、その目的を達しうるものであることを痛感。留学10年、1874年(明治7年)帰朝、翌75年11月29日、京都に同志社を建てキリスト教をもって徳育の基本とした教育のためにその生涯を捧げられたそうです。
(2014年7月2日現在)

説明

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)