旧増野製作所長屋門

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

旧増野製作所長屋門(1)

 「都市農業公園」(東京都足立区)に「旧増野製作所長屋門」がありました。
 この長屋門は明治30年(1897)頃の建築で間口17.5m。奥行4.8m、高さ3.9mで、屋根は入母屋造りの桟瓦葺で、浅野家の正門として「谷久門」と称されていたという。旧上谷中の浅野久右衛門家は、地名と名前から各一字をとり「谷久様」と呼ばれていたそうです。
 その後、昭和11年(1936)に増野製作所の創業者増野清香氏が、現青井5丁目に新工場を建設する際に譲り受け、これを補修し多年にわたり、工場の門として利用された。昭和50年(1975)に同工場が茨城県へ移転する際、後継者である増野鋼四郎氏が保存を決意し、防護柵を施すなど保護に尽力。
 平成12年(2000)都道補助140号線の建設に伴い、区が寄贈を受け、東京都建設局の協力を得て、当地に移築復元したそうです。
(2014年4月13日現在)

旧増野製作所長屋門(2)

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)