五百羅漢道標

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

石版

 江東区(東京都)を歩いていると、こんな石板がありました。
 「五百羅漢道標」というものだそうで、江東区指定有形民俗文化財に指定されているそうです。
 五百羅漢寺への道筋を案内するもので、造立年代は不明ですが、過去3回再建されているそうです。
 五百羅漢寺とは、明治20年(1886)まで現在の大島4-5付近にあった、天恩山五百阿羅漢寺(現在は目黒区に移転)のこと。
 この道標は、川沿いの道を歩く人、船で訪れる人の目にも留まるように建てられたそうで、陸上と水上の両方の道を対称にしているそうです。
(2014年3月21日現在)

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)